獲得と喪失の追体験|映画ドラえもんのび太の恐竜【ドラオタのガチ感想】

ドラえもんの映画は沢山あります。原作連載から50年以上経っている作品なので、映画の数も多くてなにから見ればいいの?と困ってしまいますよね。

この記事では、ドラえもん映画をすべて見ていて、大長編コミックも全巻持っているドラえもんオタクの「ガチ感想」を紹介します。

ぜひ、映画を見るかどうか決める参考にしてみてください。

映画ドラえもんのび太の恐竜を見たドラオタのガチ感想

のび太の恐竜は、ドラえもん映画の最初の作品です。原点の映画だからこそ、見て欲しい映画でもあります。

ドラえもんオタクのガチ感想をまとめると、

  • ピー助かわいい
  • タイム風呂敷の正しい使い方
  • それにしても人間のエゴがすごい
  • タイムマシン壊すな
  • 恐竜ハンターこわい
  • タイムマシンこわすな
  • タケコプターこわれるな
  • ハンターこわい
  • 桃太郎印のきびだんご~~~!
  • タイムパトロールありがとう
  • ひと夏の成長がすごい
  • 本当はお別れすることがつらいけどピー助の幸せを考えて正しい環境に送り出すのび太たちの決意に敬意を

です。なにが言いたいのかというと、「とりあえず見て」のひとことに尽きます。

ピー助がかわいい

ピー助が可愛いです。ピー助はかわいいので、かわいいピー助が見たい人は絶対みてください。

掘り返した化石を、タイム風呂敷で復元して孵化させるのめっちゃ人間のエゴじゃん!という気持ちでいっぱいです。ただ、エゴだということも理解して、なによりピー助のことを考えて行動できるようになるので、のび太たちはとても正しい成長をしていると思います。

タイムマシンを壊すな

のび太の恐竜は、タイムマシン壊すながすべてです。タイムマシンを壊すな。直せ。

白亜紀のとんでもない大冒険にでるはめになったのは、全部タイムマシンのせいです。さすがに強制白亜紀ライフは小学5年生には厳しすぎるのではないでしょうか。序盤はキャンプを楽しもうと言ってだましますが、めちゃくちゃバレるのでスネ夫を中心にブチ切れられます。

それでも、彼らは冒険を辞めないし、腹をくくってピー助のために足を止めません。ゴールの見えない冒険に、何度心が折れても歩き続ける姿に大きな勇気をもらったことを思い出します。

ハンター(悪者)こわい

リアル恐竜たちに助けてもらったり襲われたりしながら、のび太たちは進んでいきますが、冒険はそれだけで終わりません。のび太にとてもよくなついているピー助は、未来の悪いお金持ちにとってとても貴重な恐竜でした。

恐竜をペットとして売りさばいて金を稼ぐThe悪者である恐竜ハンターは、悪い金持ちの依頼でピー助を捕まえようとします。

この恐竜ハンターは、本当に悪者らしい悪者なので、「え、こんな大人いるの?こっわ…」と思ったのを覚えています。恐竜ハンターは、まじでクソみたいな大人なので、人間がみんないい人だけじゃないんだよ、というメッセージを伝えるのにもピッタリな映画です。

ひと夏の成長がすごい

のび太たちの大冒険は、とにかく成長がすごいです。悪者に真正面から立ち向かうだけでなく、タイムパトロールと協力したり、恐竜たちと協力したり、最後まで諦めません。

まじで、のび太の恐竜は終わり方が綺麗な映画だと思います。「ピー助を仲間の元に連れていく」という目的のため、歩き続けた彼らの冒険は、フタバスズキリュウのいる海につくことで終わりを告げます。

長い、長い、冒険をともにしたのび太とピー助は大きな愛情で結ばれていました。本当は離れたくないけれど、成長したピー助と、本来の住処じゃない今の時代で一緒に暮らすのは無理です。

本当は別れたくなくても、ピー助の幸せを考えて涙を流しながらお別れします。

のび太は、人の幸せを願い、人の悲しみを悲しむことのできる男なんです。そんなのび太の姿にみんな泣きながら、ピー助とお別れをします。

まとめ

要約すると、とりあえず見て。です。ドラえもん映画はじめの映画ですし、歌もかわいいです。比較的怖くないし、はじめの映画なのでかなり子ども向けかなと思います。

のび太やピー助を通して、見た人も成長できるのではないでしょうか。

のび太の恐竜は、

のび太の恐竜まとめ
  • のび太たちが歩き続ける姿に勇気をもらえる
  • 人間がみんないい人だけじゃないと分かる
  • ピー助の幸せを考えて涙を流す姿が見れる

という映画です。小さな子どもに見せるドラえもん映画には、ピッタリじゃないかなと思います。

大山のぶ代時代のドラえもん映画を見たい人も、ぜひ、のび太の恐竜で哀愁を感じてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました