ニムゲのボスがイケメンなので見てください|映画ドラえもんのび太とアニマル惑星(プラネット)【ドラオタのガチ感想】

ドラえもんの映画は沢山あります。原作連載から50年以上経っている作品なので、映画の数も多くてなにから見ればいいの?と困ってしまいますよね。

この記事では、ドラえもん映画をすべて見ていて、大長編コミックも全巻持っているドラえもんオタクの「ガチ感想」を紹介します。

ぜひ、映画を見るかどうか決める参考にしてみてください。

映画ドラえもんのび太とアニマル惑星(プラネット)を見たドラオタのガチ感想

のび太とアニマル惑星(プラネット)は、不思議なピンクのモヤを通ると行ける、動物たちの星で繰り広げる冒険映画です。

のび太の不運で、救われる命があることに感動できます。悪者として出てくる「ニムゲ」のボスがイケメンなので、ニムゲのボスが出てくるところまででいいので見てください。

ドラえもんオタクのガチ感想をまとめると、

のび太とアニマル惑星(プラネット)ガチ感想
  • ジャイアンがノイローゼになるタイプの映画
  • のび太の不運で救われる命がある
  • ニムゲのボスイケメンじゃねえか!

です。なにが言いたいのかというと、「のび太どんだけ不幸なんだよ」に尽きます。

ジャイアンがノイローゼになるタイプの映画

アニマル惑星へ行くためには、ピンクのモヤを通る必要があります。モヤを通る間はどこに向かっているのか、どこにいるのかもわからないのでめちゃくちゃ不気味です。

さらに、ピンクのモヤの行き先は、確定でアニマル惑星ではありません。ときどき、やばいほど汚染されたニムゲの星についてしまうことがあります。

一方通行ではなく、ニムゲ側からニムゲが迷い込んでくることすらあります。怖い。

ジャイアンは、ピンクのモヤの中でニムゲと遭遇してしまい、恐怖のせいでノイローゼになってしまいます。なんだかんだ、繊細な心を持っている小学5年生剛田武くんを見れる映画です。

ゴリラに間違えられるわ、ジャイアンは割と散々な目に遭います。ニムゲとの遭遇シーンはマジでトラウマになるくらい怖いので、ジャイアンのノイローゼを追体験してみてください。

のび太の不運で救われる命がある

のび太たちと友だちになるゲストキャラ「チッポ」のいとこ「ロミちゃん」がニムゲにさらわれてしまいます。

ニムゲは、自分たちが劣悪な環境で生きているのに、綺麗で豊かな星で生きている動物たちを許せず侵略しようとしました。武力侵攻の中で、ロミちゃんを誘拐します。ロミちゃんのピンチを救うため、のび太たちはのび太の不運にすべてを託すのです。

ドラえもんが出したひみつ道具は「ツキの月」です。飲むと3時間だけ、信じられないような幸運が起こるという効果で、運が悪ければ悪いほど効果が高まります。

圧倒的に運が悪い男「野比のび太」が飲むことで、びっくりするようなラッキー展開が繰り広げられました。

のび太は、運だけでニムゲの星に乗り込み、捕まっていたロミちゃんを助け出します。どんだけ普段運がねえんだよ……。

とんでもないラッキーが終わることはなく、効果が尽きるギリギリで無事にロミちゃんと一緒にアニマル星に戻って来ることができました。

ニムゲのボスイケメンじゃねえか!

ニムゲは、かつて欲望のまま環境汚染を繰り返し、星を汚し続けたことでガスマスク無しでは生きていけない地獄星の住人です。

環境破壊や核戦争に加え、自然災害に襲われて文化が壊滅してしまいました。日が当たることもなく、ただただ地下で鬱々と生きていくことしかできません。

自業自得の現状なのに、ニムゲたちはアニマル星を乗っ取ろうと侵攻してきます。ドラえもんのひみつ道具で必死に抵抗するも、数や設備で追い込まれてしまいました。

しかし、ニムゲたちの行動を把握して捕まえるために動いていた「連邦警察」が駆けつけてくれ、アニマル星のみんなは平和を取り戻します。

最後に、連邦警察に連行されていくときニムゲのボスが初めてガスマスクをとります。綺麗な空気を吸うその顔は、めちゃくちゃイケメンです。ド畜生な悪者が爽やかなイケメンだと、なんとも言えない気持ちになりました。

まとめ

要約すると、のび太の不運は最強です。アニマル惑星(プラネット)は、環境汚染や自然について考えられる映画です。

ただ、ピンクのもやからニムゲが出てくるシーンが怖すぎるので、小さい子にはおすすめできません。

大魔境では小さな子犬くんだったチッポが、少年になっているので(別人物ですが)同じ名前のキャラクターが登場するレアさを楽しんでください。

のび太とアニマル惑星(プラネット)は、

  • ジャイアンがノイローゼになるタイプの映画
  • のび太の不運で救われる命がある
  • ニムゲのボスイケメンじゃねえか!

という映画です。

若干トラウマ展開があっても、環境汚染について考えられるとても良い映画だと思います。

繊細なジャイアンとのび太のとびきりの不運を見られるので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました