悪者が最後には愛せるからみて|映画ドラえもんのび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記【ドラオタのガチ感想】

ドラえもんの映画は沢山あります。原作連載から50年以上経っている作品なので、映画の数も多くてなにから見ればいいの?と困ってしまいますよね。

この記事では、ドラえもん映画をすべて見ていて、大長編コミックも全巻持っているドラえもんオタクの「ガチ感想」を紹介します。

ぜひ、映画を見るかどうか決める参考にしてみてください。

映画ドラえもんのび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記を見たドラオタのガチ感想

のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記は、未来でも過去でもなく現代の犯罪者とのび太たちがガチで戦う映画です。実質、ホームアローンのドラえもんバージョンだといえるでしょう。

「熊虎鬼五郎」という犯罪者とのバトルをしっかり見届けてください。増えます。タマゴコピーミラーで勝手に増殖する犯罪者とかいうとんでも展開を楽しんでください。

ドラえもんオタクのガチ感想をまとめると、

のび太のねじ巻き都市(シティー)ガチ感想
  • 実質ホームアローンのドラえもんバージョン
  • 神様?神様???
  • 熊虎鬼五郎かわいいね

です。なにが言いたいのかというと、「凶悪犯が増えるの厳しすぎない?」に尽きます。

実質ホームアローンのドラえもんバージョン

ねじ巻き都市(シティー)冒険記は、のび太たちがうっかり間違えたゆたかな星を牧場にしようとする映画です。不法占拠した星の上に文明を築こうとするとは、中々犯罪行為をしている気がしますね。

そんな星の住人にするため、ぬいぐるみたちを生命のねじ(いのちのねじ)で本当の生き物のように改造します。

そうして生まれたねじ巻きで動く動物たちは、高度な知恵を持っていました。自然と共に生きていくために、環境を破壊するような開発には反対します。

そんな高度な知恵を持っているピーブたちが住むことにした豊かな星に、のび太の部屋のどこでもドアから侵入したのが熊虎鬼五郎です。脱獄囚で凶悪犯なので、星を警察から逃げるための隠れ家にしようとします。

熊虎鬼五郎は、うっかりタマゴコピーミラーで増えてしまったので、大量の凶悪犯と戦うハメになりました。

凶悪犯を追い出すために、のび太たちは一生懸命戦います。熊虎鬼五郎は、銃も持っているので歴代の敵の中でもかなり手ごわい敵だったのではないでしょうか。

パトカーの音で撃退するシーンなんて本当に実質ホームアローンなので、ぜひ見てください。

神様?神様???

豊かな星は、実はドラえもんがくじ引きで引き当てた星には、生き物を育てることを目的とした神様?がいます。

種をまく者は、金色の金属のような見た目をしていました。最初は姿も見えないので、声やカミナリだけの不気味な存在でした。

大きな力を持っている存在というのは、不気味に感じてしまうものです。種をまく者も例にもれず、かなり不気味で怖いです。金の形を変えながら、襲ってくる姿は普通にトラウマものでした。

のび太が「神様なの?」ときくと、「ちょっと違うけど大体同じようなもの」だと返ってきます。種をまく者は、いろいろな星で命を育てるための存在です。実質神様に近いので神様だと思います。

そんな神様もどきは、もうこの星は自分の手を離れたといって、凶悪犯に襲われる激やばピンチの子どもたちを放置して飛び立っていくのです。「せめて助けてから出て行ってよ!」と、恨めしく背中をねめつけたくなってしまいますね。

熊虎鬼五郎かわいいね

熊虎鬼五郎は、タマゴコピーミラーでめちゃくちゃ増えます。しかし増えた熊虎鬼五郎は完璧なクローンとはいえない個体差がありました。

顔に大きなほくろのある熊虎鬼五郎は、なぜかひとりだけ心優しい凶悪犯になりました。ビビりで事なかれ主義だけど、罪悪感もあって子どもたちを怖い目に遭わせたくないと思っています。

愛せる熊虎鬼五郎は、最終的にタマゴコピーミラーで増えた原点の凶悪犯「熊虎鬼五郎」すら吸収し、唯一無二の個になりました。優しい心を持つ熊虎鬼五郎になったほくろは、熊虎鬼五郎を代表して自主します。

元々の個すら失うことになった熊虎鬼五郎は、ただ捕まってきただけの今までの悪者の誰より最悪の終わり方をしたのではないでしょうか。

熊虎鬼五郎を乗っ取ることになった熊虎鬼五郎はかわいいので、ぜひ見てください。

まとめ

要約すると、凶悪犯をタマゴコピーミラーで増やすのはクソ。です。ホームアローンでも、さすがに犯罪者を増やすことはありません。

うっかり間違えて他の星を占領するのもひどい話ですが、凶悪犯増やすのはもはや別の犯罪が成立するのではないでしょうか。

最終的に、正しい熊虎鬼五郎が消えて優しい熊虎鬼五郎に統合されるのでかわいい熊虎鬼五郎を見てください。

のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記は、

  • 実質ホームアローンのドラえもんバージョン
  • 神様?神様???
  • 熊虎鬼五郎かわいいね

という映画です。生命を育てる存在は、ああ、きっと星ができるときはこういう存在がいるんだなと漠然と分かるようになります。自然と共存するピーブたちの存在も、自然とのあり方を学べる良い映画です。ホームアローンが好きな人は、とりあえず再生してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました