トラウマをピンチで越えていけ!超絶ショック療法鳥映画|のび太と翼の勇者たち【ドラオタのガチ感想】

本ページはプロモーションが含まれています。

ドラえもんの映画は沢山あります。原作連載から50年以上経っている作品なので、映画の数も多くてなにから見ればいいの?と困ってしまいますよね。

この記事では、ドラえもん映画をすべて見ていて、大長編コミックも全巻持っているドラえもんオタクの「ガチ感想」を紹介します。

ぜひ、映画を見るかどうか決める参考にしてみてください。

映画ドラえもんのび太と翼の勇者たちを見たドラオタのガチ感想

のび太と翼の勇者たちは、鳥を大切にできない人間世界をフェニキア(化け物)でぶっ壊そうとする映画です。

トラウマで飛べなくなってしまった少年グースケが、本当の父親であるイカロスと出会ったり強制ショック療法で飛べるようになったりします。

のび太たちは、鳥たちの楽園バードピアで人間であることを隠してバードキャップをかぶってすごしました。誰がどの鳥になるかも、チェックしてみてください。

ドラえもんオタクのガチ感想をまとめると、

のび太と翼の勇者たちガチ感想
  • 飛べないドラえもんかわいいね
  • ジーグリード長官のイカロスへのクソデカ感情が諸悪の根源
  • フェニキアの倒し方雑で草

です。なにが言いたいのかというと、「鳥の住む環境を大切にしようね」に尽きます。

飛べないドラえもんかわいいね

ドラえもんは、はじめにバードキャップをかぶるときペンギンさんキャップをかぶります。かわいいね。小さな羽根のようなものが生えますが、ペンギンは飛べないので飛べませんでした。

そのまま落ちるドラえもんもかわいいね。今作では、「そこいく仔猫ちゃん(CV:難波圭一)」と呼ばれてご機嫌なドラえもんも見れます。

ドラえもんのことを、初めから「猫」と言い切るキャラクターは少ないので、ぜひダチョウタクシーの難波圭一もチェックしてみてください。

難波圭一は、ドラ・ザ・キッドなので、実質ドラ・ザ・キッドに仔猫ちゃんと呼んでもらえるようなものです。サービス!

ペンギンさんキャップでどたっと落ちるかわいいドラえもんが見れるのは、翼の勇者たちだけです。せひ、見てください。

ジーグリード長官のイカロスへのクソデカ感情が諸悪の根源

ジーグリード長官は、人間を恨んでいるタイプの偉い鳥です。渡り鳥パトロール隊として、人間界をパトロールしているとき人間に羽根を撃ち抜かれてしまったことで飛べなくなってしまいました。

ジーグリードと同期だったイカロスは、ジーグリードの怪我の責任をとって犯罪を犯した鳥が入る監獄島の監獄に収容されています。

もう飛べないジーグリード長官は、大きな翼で羽ばたくイカロスへ並々ならぬ憎悪を抱えています

ジーグリード長官は、古のバケモノ「フェニキア」を起こして人間界を襲わせようとしていました。イカロスの息子であるグースケへの当たりもきつく、トラウマから飛べないグースケが真剣に足漕ぎ飛行機で飛んで勝ち取った優勝も、なかったことにしてしまいます。

イカロスとジーグリード長官は、友だちのはずでした。道を間違えてしまったジーグリード長官は、フェニキアの暴走で姿を消したままどうなったのか分からなくなってしまいます。

フェニキアの倒し方雑で草

フェニキアは、ジーグリード長官によって目を覚ました、バードピア最大の脅威です。小さい羽根がついている、でかめのティラノサウルスのような見た目をしています。

目覚めたてのフェニキアは、デカさこそあるもののよっぽど脅威になるようなサイズではありませんでした。ただ、ドラえもんが進化退化放射線源で退化させようとしたとき、邪魔をされて思いっきり進化させてしまったのでとんでもないバケモノになります。ドラえも~ん!

何やってんだよ!の極みのようなシーンでした。むしろ今壊れてお詫びするところでは!?とツッコミを入れたくなりますね。

進化したフェニキアは、口から火を吐きバードピアを焼き尽くそうとします。とんでもねえつよつよバケモノです。

イカロスも、フェニキアと戦って倒そうとしますが全く歯が立ちませんでした。バードピア最強火力のイカロスが倒せないのに、他の人がフェニキアを倒せるわけがありません。

ドラえもんたちは、物理的にフェニキアを倒すのは諦めました。鳥野博士という、バードピアを作った博士が乗って来たタイムマシンを操作して、どっか知らない遠くの銀河にフェニキアごと不法投棄しました。

悪者の不法投棄は、宇宙漂流記を思い出しますね。ブラックホールに運ばれていくよりはましなのかもしれません。

フェニキアは五体満足でどっかの宇宙に捨てられたので、いつかバードピアに戻って来れるのでは……?と思いました。

宇宙でも呼吸できるっぽいので、いつかフェニキアの逆襲があるんじゃないかなと個人的には思っています。それにしても、あっけなく宇宙に飛ばされて終わるフェニキアの倒され方は、なんとも雑で草です。

まとめ

要約すると、鳥の住む環境を大切にしなきゃいけないと学べる映画。です。鳥に酷いことをする人間は、ジーグリード長官にボッコボコにされるのでちゃんと大切にしましょう。フェニキアだって、鳥を大切にしない人間から襲うに違いありません。鳥のことや環境問題に興味がある子どもには、ぜひ見て欲しいドラえもん映画です。

のび太と翼の勇者たちは、

  • 飛べないドラえもんかわいいね
  • ジーグリード長官のイカロスへのクソデカ感情が諸悪の根源
  • フェニキアの倒し方雑で草

という映画です。スネ夫は、グースケの弟が生まれる瞬間に立ち会い刷り込みで親になります。

私たちが生活している中で見上げると飛んでいる鳥は、もしかしたら渡り鳥パトロール隊の鳥たちかもしれませんね。

鳥たちが、快適な環境で生きていけるように、人間として環境を守る努力をしようと思える映画です。ぜひ、ドラえもんズが好きな人はドラ・ザ・キッドのダチョウタクシーを見てください

コメント

タイトルとURLをコピーしました