声変わり前ののび太のパパはCV:野沢雅子です|映画ドラえもんのび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~【ドラオタのガチ感想】

本ページはプロモーションが含まれています。

※本ページはプロモーションが含まれています。

ドラえもんの映画は沢山あります。原作連載から50年以上経っている作品なので、映画の数も多くてなにから見ればいいの?と困ってしまいますよね。

この記事では、ドラえもん映画をすべて見ていて、大長編コミックも全巻持っているドラえもんオタクの「ガチ感想」を紹介します。

ぜひ、映画を見るかどうか決める参考にしてみてください。

\ CV:野沢雅子のパパを今すぐチェック /

映画ドラえもんのび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~を見たドラオタのガチ感想

のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~は、ドラえもん映画の中で1番子ども向けといっても良い作品です。カブトムシを巡る大冒険なので、夏休みに見るのにちょうど良い映画といえるでしょう。

のび太のパパ「のび助」がゴンスケの勘違いで連れて来られて、うっかり記憶も失ったうえでのび太と一緒に戦うお話です。

ドラえもんオタクのガチ感想をまとめると、

のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~ガチ感想
  • クラージョがかわいい
  • 実質「孫悟空」になったパパ(ダッケ)
  • スネ夫がコロンと一緒に捕まるヒロインに

です。なにが言いたいのかというと、「パパが子どものころの声帯、野沢雅子だったの!?」に尽きます。

クラージョがかわいい

実質「孫悟空」になったパパ(ダッケ)

スネ夫がコロンと一緒に捕まるヒロインに

まとめ

要約すると、恐竜がいたら玉乗りを仕込むかもしれない。です。かなり子ども向けの映画なので、大人には物足りないかもしれません。しかし、子どもにとってはしっかり楽しめるドラえもん映画です。

のび太と奇跡の島 ~アニマルアドベンチャー~は、

  • クラージョがかわいい
  • 実質「孫悟空」になったパパ(ダッケ)
  • スネ夫がコロンと一緒に捕まるヒロインに

という映画です。子ども向けなので、ファンの中では低い評価になっています。絶滅動物がテーマでカブトムシが大活躍するので、夏休みに子どもと見るにはピッタリの映画といえるでしょう。

個人的には、福山雅治さんによる主題歌「生きてる生きてく」が最高で大好きです。ぜひ、曲と一緒に映画も楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました